兵庫、大阪で司法書士をお探しなら、宝塚総合司法書士事務所にご相談ください。

HOME > よくある質問

よくある質問

回答一覧

  • Q1. 相続人が未成年の場合の手続きはどうなりますか?

    A1. 相続人が未成年者の場合は、親権者が相続手続きをおこなうのが一般的です。未成年者とその親権者の両者が相続人の場合、利益相反となり、親権者は未成年者の特別代理人の専任を家庭裁判所に請求する必要があります。そこで専任された特別代理人が、未成年者の相続手続きをおこないます。未成年者に親権者が存在しない場合で、後見人の指定がない場合、親族や利害関係人からの請求により、家庭裁判所が専任した後見人がおこないます。また、遺言により未成年者の後見人が指定されている場合は、その後見人が相続手続きをおこないます。

  • Q2. 遺言の内容とは違う分割をしたいのですが・・・

    A2. 相続人全員の合意が前提となりますが、可能です。遺言がない場合などでも、必ず法定相続分に従う必要もありませんので、相続人全員の合意のもと自由に分割することが可能です。

宝塚総合司法書士事務所

〒665-0845
兵庫県宝塚市栄町2-1-2
ソリオ2 (3階)
TEL/0797-85-8555
FAX/0797-85-8557
定休日/土曜・日曜・祝日(業務対応可)
受付時間/9:00〜18:00(時間外対応可)
FlashPlayer

動画コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。